レバンガ北海道 x Dimpact 3D Holo Vision

2021/03/11

Bリーグ『レバンガ北海道』との業務提携

この度、プロバスケットボール・Bリーグチームのレバンガ北海道様と、株式会社Drootsは業務提携を行い、当社の3次元ホログラム投影システム(デジタルサイネージ)である、Dimpact 3D Holo Visionを24台活用した立体ホログラム広告を、北海きたえーるに設置いたしましたので、ご紹介させて頂きます。

3次元ホログラム広告は、デジタルサイネージや広告業界では新しい試みとなり、インパクトのある空間演出で、SNSやインスタグラムなどで拡散されていくことが想定されます。

お越しいただくファンの方々も、今までに見たことのない「3次元の高画質演出」で「インパクトと感動を提供」し、「近未来空間の虜」にしています。

空中浮遊する3次元の映像が、近未来空間を演出

現在、放映中の映像は、レバンガ北海道さまの各スポンサーさまのロゴマークとチームのロゴマーク、および3次元のバスケット映像となっており、空中浮遊する3次元の映像が、近未来空間を演出しています。

Dimpact 3D Holo Vision (LED 回転式ホログラム投映装置)とは、LEDを配列させたブレードをモーターに取り付けて高速回転させことにより、光の残像現象として3 次元の立体映像を投影します。

新世代のデジタルサイネージは、映像を表示するのではなく、目の前に仮想空間を生み出すような新しい体験を提供します。

Dimpact 3D Holo Vision設置について

Dimpact 3D Holo Visionは、全国の交通機関や商業施設、店舗に最先端の広告媒体として、各地に設置され始めております。
デジタルサイネージやLEDビジョンとは一味異なる、革新的な広告媒体を、ぜひご活用くださいませ。

CONTACT